• ホーム
  • 短小ペニスで早漏の人は防止薬としてダポキセチンを

短小ペニスで早漏の人は防止薬としてダポキセチンを

薬を飲む人

男性のペニスの悩みとして、短小や早漏を挙げることができます。
短小で早漏のときには、女性の満足度を上げることができないために、症状を改善していく必要があります。
短小ペニスで早漏になりやすいときには、医薬品の力を借りて改善できる方法として、ダポキセチンが配合されている医薬品を服用する方法があります。
早漏の原因は亀頭が敏感であるという説は、医学的に否定されており、症状を改善するには包茎手術よりも医薬品の服用が有効です。
また、亀頭が敏感ではなくなってしまうと、性行為における快感を抑えることになってしまいます。

ダポキセチンには快感を弱めることなく、早漏改善ができる効果があります。
ダポキセチンは医学界で有効であることが認められている、唯一の早漏防止薬となります。
ダポキセチンは、脳の神経伝達物質として知られているセロトニンに作用を及ぼす成分で、服用してから1時間ほどで効果が出てきて、作用の持続時間は5時間ほどとなります。
従来は、うつ病の治療のために開発された医薬品で、選択的セロトニン再取り込み阻害薬であるSSRIの一種となります。
他のSSRIと比較したときに、射精を遅らせるための作用が強い特徴があるために、早漏防止薬として再開発が行われました。
SSRIの中で最も即効性のある薬で、服用してからはセロトニンが増えますので、交感神経を鎮静化させることが可能となり、その効果で射精を遅らせることができます。

亀頭に麻酔剤を塗布するなどの対応策や、厚めのコンドームを使用する方法などとは根本的に異なる方法で、セックスの快感を制限しないで射精を抑制できる医薬品と言えます。
ダポキセチンはED治療薬と併用が可能で、開発されている医薬品の多くには、ED治療薬に含まれている成分も一緒に配合されています。

関連記事