• ホーム
  • 時間の延長で性欲を維持するダポキセチンの効果と裏技

時間の延長で性欲を維持するダポキセチンの効果と裏技

ダポキセチンは早漏治療薬の主成分として、採用例の多い物質です。
体内に入ると、脳内の神経伝達物質の1つであるセロトニンの吸収に関するメカニズムを抑制し、結果としてセロトニンの血中濃度を高める事になります。
伴って同じく神経伝達物質であるノルアドレナリンの分泌が抑制されます。
すると脳の興奮が鎮められる事から射精時間の延長に繋がり、個人差はあるものの普段の3~4倍の時間になる事も見込めるようになります。
性欲の持続に射精時間が追い付くようになる事から、効果的に性行為が行えるようになるという訳です。

ただ、ダポキセチンはあらゆる早漏に必ずしも絶対的な効果を発揮するという訳ではありません。
特に問題となるのが、早漏とEDを併発しているケースです。
そもそも勃起に問題がある場合については、射精時間が延長されても効果自体が不十分なのです。

そこで考えたいのが、裏技としてのED治療薬との併用です。
前述したダポキセチンの作用はED治療薬の其れとは必ずしも一致しないので、異なる作用のものであれば併用が可能となります。
つまり、併発している症状の双方に対応出来る事でよりしっかりと効果を発揮出来るようになるのです。

しかもED治療薬の中には、若干ながら射精時間の延長に繋がるものが存在します。
これはダポキセチンとの併用となった場合に相乗効果を齎すので、もともとの射精時間が短過ぎるようなケースではより高い効果を発揮させる事が出来る訳です。

ダポキセチンは専門クリニックの一部では処方が認められており、また自己責任ながら個人輸入による入手も可能です。
海外での処方例も多く実績の重なった物質である事から、用法を守れば安全に使い易いのも魅力的です。

関連記事